スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | スポンサードリンク | - | -
su(スウ) ミニインタビュー
su(スウ)
ハジメテのスウ
2012.2.24(fri) - 3.4(sun)

ご本人にインタビューしてきました!

Q1. 今回初めての個展ということですが、いかがでしょうか?
昨年ブランドを立ち上げて以来、ショップで取り扱って頂いたりデパートの期間限定販売に参加させて頂いたりしましたが、個展は単純に販売というだけでなく、ディスプレイにこだわってみたりと、suの世界観を思う存分出せて嬉しいです。

Q2. suが誕生したきっかけを教えてください。
以前は設計の仕事をしていました。設計の場合クライアントがいて、デザインしたものを作る職人さんがいて、対象も家具だったり空間だったりと大きいですが、人の手伝いで初めてジュエリーに触れた時、ひとつの机の中でおさまるジュエリーをとてもドラマチックに感じました。自分発信ですべて出来てしまうのも面白いですよね。それがきっかけです。

Q3. 感覚でつくる方ですか?それともきちんとデッサンなどしてつくる方ですか?
両方です。ジュエリーは体にのせた時の比重やバランスが難しいので、しっかりとデザインを練って、設計で使っていたスタイロや身近にあるあらゆる物を使ってモックアップを作る事もありますし、たとえばsuのリングは実際に手を動かしながらどうやったらかわいく見えるか模索しながら作り上げました。

Q4. 自分が身に着けたいものをつくりますか?それとも誰かに着けてもらいたいというようなイメージでつくりますか?
地金だけのシリーズは自分でも着けたいと思って作りました。もともとはあまりジュエリーをするタイプではないので、自分で身に着けたいというよりは、プロダクトとして見た時に純粋にかわいいと思うものをデザインして作っています。

Q5今後の方向性や新作のアイデアなどはすでに決まっていますか?
現在のラインナップはゴールド中心ですが、今試作で作っている物は上手く行けばシルバーで発表出来そうです。suのジュエリーはパーツにしても既製品は一切使っていないんです。シンプルで、でもひとつひとつがきちんと作られている物を、これからもマイペースに作っていきたいと思っています。


気さくでやわらかい雰囲気のsuのスズキトモコさん。作品にも現れていて素敵です。
これからも楽しみです!ありがとうございました。
エキシビジョン | objectby | comments(0) | trackbacks(0)
ハジメテのスウ展
ハジメテ の スウ 個展
2012 / 2 / 24 (金) → 3 / 4 (日) 12:00 - 20:00 月曜定休

スウのはじめての個展を開催いたします。
カラフルな天然石と地金の線材を用いて構成したコスチュームライン、K18やK10などの素材を使用しデザインしたジュエリーラインなど、スウのフルラインナップをご覧いただけます。
また、販売も行ないますので是非お立ち寄りください。

エキシビジョン | objectby | comments(0) | trackbacks(0)
2月のエキシビジョン
JUTIQU 
‘bi’symmetry(‘ビ’シンメトリー)展

2012.2.11(sat.) - 2.19(sun.)
Opening Party 2.11(sat.) 18:30 - 20:30


JUTIQUによる初めての個展を開催いたします。

テーマは「’bi’symmetry」(‘ビ’シンメトリー)。「bi」は英語で[bai]「2つの」を意味する接頭辞で、ここでは「美(ビ)」の意味も込められています。JUTIQUのシグネチャースタイルである透明なアクリルにパールを閉じ込めたシリーズでつくられる「white」と「black」
対称的かつ二面性をもつ世界をご覧ください。
 
エキシビジョン | objectby | comments(0) | trackbacks(0)
object 2012 初エキシビジョン
Luck is with you !
yull x yiel
2012.1.13 Fri - 1.22 Sun
1.18 (Wed) 18:30 - 20:30 partyを行ないます。
ワクワクするようなイベントも準備していますので、どうぞお越しください!

yiel & yull.によるNew Year Exhibition「Luck is with you !」


yull.は、島崎友紀子によるジュエリー&アクセサリーブランド。素材から生まれる美しさ、柔らかさ、大らかさをデザインし、思わず「!」と感じるような遊び心のあるジュエリーを提案しています。金箔を施したレザー、シルク糸、パールに金属を組み合わせたジュエリーを発表します。

yielは、田坂留美によるアクセサリーブランド。フラットな板から体に寄り添うアートなアクセサリーが特徴です。ふと日常にあるキラキラしたものを金属の板の上に描き上げ、切り取っています。金属に天然石やキュービック、スワロフスキーを使用したアクセサリーが登場します。

ユーモアとウィットをこめて、2012年のスタートをHappyにするたくさんのアイテムを揃えてお待ちしています!

エキシビジョン | objectby | comments(0) | trackbacks(0)
MOKO KOBAYASHI Jewelry Exhibition !
"e + motion"
2011年12月9日(fri) - 12月25日(sun)
Opening party 12月9日(fri) 18:30 - 21:00

フランスオートクチュール刺繍をコンテンポラリーかつユーモラスなモチーフ
に生かしたMoko Kobayashiのビーズアクセサリーに、さまざまな新作が登場
します。
motionとemotion、ふたつの動きが込められたタイトルから広がる世界を会場
にてご覧ください。

エキシビジョン | objectby | comments(0) | trackbacks(2)
「交差展」opening !
交差展 FOUR INTERSECTING JEWELRY EXHIBITION
2011.11.26 Sat - 12.1 Thu

様々な素材を用いて見る人、着ける人に豊かな心をもたらすジュエリーが行き交う「交差点」。
4人の作家の想いが詰まったジュエリーが集まっております。どうぞご覧ください。

11.26 Sat 18:00 - 20:00 OPENING PARTY にもお越しください。 

KOJI KANAMARU


YUJI OYAMA


MIKA SUZUKI


KOHTA TAKAHASHI




 
エキシビジョン | objectby | comments(0) | trackbacks(0)
「kakaano」exhibition
「kakaano」kiyomi kano exhibition"simple pleasure"
2011年11月17日(木) - 22日(火) 

今回のテーマは『simple pleasure』日々の生活の中にあるささやかな歓び。
幸せを与えてくれる小さな光の様な存在であってほしい。
小さな幸せの為のアクセサリーを作り続けよう。

311以降ものつくりに関わってる方たちの思いはいろいろ。
小さなアクセサリーを身につけて、少し元気になる。
                少し幸せになる。
                少し嬉しくなる。
               
                私がそうあってほしいと思うこと。です。

もうひとつは、
環境にやさしいを考えて、リサイクルゴールド、シルバー。
        メッキ部は全てノンニッケル。
        天然の石、素材。
             
             でつくりました。
さらにもうひとつ、
被災地支援を少しづつでもいいから持続させよう、
              購入頂いた売り上げの一部を
医療,子供、食料、住宅、エネルギー、支援に
              役立てます。
               http://kizunaworld.org/japanese/index.html



エキシビジョン | objectby | comments(0) | trackbacks(0)
tortue jewelry exhbition "rhythm"
tortue jewelry exhbition rhythm
2011年10月28日(金) - 11月6日(日)
1028() 18:30 - 21:00 opening party 

のびやかに流れるような音。飛びはねるような元気いっぱいの音。 
リズミカルな音がきこえてくるような にぎやかなアイテムを発表します。 
丸や四角、同心円、曲線などを組み合わせた構成でジオメトリックなモチーフの連続により規則性ある一定のリズムを生み出します。

素材はK18イエローゴールド、シルバーにダイヤやパールなどの素材を用い、今回初めて七宝作家近藤健一さんとのコラボレーションで彩りのある限定アイテムもプラスされます。
お好きな色の七宝の組合わせでご自分だけのオリジナルジュエリーオーダーいただけます!
 
この機会に是非お越し下さい。お待ちしております。

エキシビジョン | objectby | comments(0) | trackbacks(0)
decoの作家、ミニインタビュー
deco unique jewelry
アリフレタソザイノトクベツナジュエリー
2011.10.7(fri) - 10.23(sun)


Q1.今回なぜ、ミラー、アクリルネジ、木という三つの素材をえらんだのですか?
A1.ブローチを作る前から壁面作品を木でずっと作っていて、私にとって木が一番感覚的に使える素材なんです。ジュエリーを作る素材としていわゆる貴金属を使わない、使えない分、木やアクリルなどのよくある素材を最大限に生かすことに無意識にかなり拘っている自分がいました。今回は、そういう無意識に拘っていた素材に意識的に焦点を当ててみたいなと思ったんです。素材をより生かしたいと思ったので、カラフルなペイントやアクリルは使いませんでした。貴金属にはない面白さを少しでも感じてもらえると嬉しいです。

Q2.なぜ、ジュエリーを作り始めましたか?
A2.イタリア在住時は、壁面作品の制作をメインに"microcosmo"というブランド名で「あまり役に立たない箱」などの小作品も作っていました。ある年、オールハンドメイドのクリスマスイベントに誘われ、その箱で参加しました。その際、ネックレスも出してみたらと言う事で、市販のチェーンや革紐に壁面作品を小さくしたものをつけてネックレスにしました。
ただ、自分でつくったものと革紐やチェーンとのバランスがあまり良くなくて、ネックレスを作らなくなりました。ブローチの場合は、裏の留め具以外はすべて自分でつくれるので、帰国後ごく自然にブローチの制作にハマってしまい、3年前に「凸deco」というブランドとしてスタートしました。

Q3.感覚でつくる方ですか?それともきちんとデッサンなどしてつくる方ですか?
A3.両方です。感覚でつくったものは、特にいい出来であればあるほど、どんなに頑張っても同じものをつくる事は出来ないので、満足と悔しさという複雑な気持ちになったりするので、なるべく型を決めてつくるように心がけています。

Q4.自分が身に着けたいものをつくりますか?それとも誰かに着けてもらいたいというようなイメージでつくりますか?
A4.どうしても自分が身に着けたいものとして考えてしまいます。そして、こう着けてもらえたらと具体的にイメージしながらつくる事が多いのですが、実際つけてくださる方は私のイメージをいい意味で壊してくれるような、予想外のつけ方や洋服とのアレンジをされる事が
多いです。それを見て、刺激を受けてつくるという事もあります。

Q5.今回の作品について何かお聞かせください。
A5.どれもそれぞれに見ていただきたい新作ばかりなのですが、中でもプラスティックネジ「ネジネジ」シリーズです。アクリル板の仕入れ先で入荷したばかりだったのか、大量のプラネジがこんなにキラキラしているなんて!と、とても感動したのがきっかけです。ネジネジは凸スタート時より作っていましたが、こんなにまとめて展示したのは初めてですが、ぜひ一つ一つを、そしてそれが並んだ状態も見ていただけたらと思います。

吉良さん、お忙しい中、ありがとうございました。

ぜひ、この機会をお見逃しなく!
エキシビジョン | objectby | comments(0) | trackbacks(0)
「deco unique jewelry」展
deco unique jewelry
アリフレタソザイノトクベツナジュエリー
2011.10.7(Fri) - 10.23(Sun)

明日からいよいよobject では、「凸deco」の展覧会がはじまります。

今回の展覧会では、ミラー、アクリルネジ、木という3つの素材をテーマにした新作が発表されます。どこにでもある一般的な素材が、「凸deco」のフィルターを通して、それぞれの特質を引き出した特別なジュエリーへと変換されます。ぜひご覧ください。

10.7(Fri) 18:30 - 21:00 Opening party 
美味しいフード、お飲物をご用意しておりますので、お気軽にお越しくださいませ!

エキシビジョン | objectby | comments(0) | trackbacks(0)
Recent Comments
Search this site :